コンセプト | 自然の素材を使った自然素材の家やデザイン住宅のご注文、ご相談は横浜市の【新井アトリエ一級建築士事務所】へ

コンセプト

CONCEPT

Concept-1 自然の恵みを活かす

自然の恵みを活かす

住まいの基本は、雨風や暑さ・寒さから人を守るシェルター、つまり内部空間です。しかし、豊かなものは外からやってきます。外部にある光・風・緑といった魅力を生活にいかに採り入れるか…、そうした自然の恵みを最大限に活かした住まいをご提案します。

自然の恵みを活かす

PAGE TOP

Concept-2 自然素材で包む

自然素材で包む

木調の樹脂系素材など、一見「木」に見えるが違う素材でつくられているものが世の中にはあふれています。たとえ視覚情報としては「木だ」と認識したとしても、触れば冷たく、呼吸もしない材料です。それに対して本物の無垢の木は多孔質で空気を孕んでいますから触っても冷たい感じがせず、感触にも柔らかさがあります。自然素材は視覚情報のみならず人間の五感が喜ぶ性質をもっています。漆喰は吸放湿性があり梅雨の時期も室内の空気をカラッとさせてくれます。「木」「漆喰」など、人間が五感で「心地よい」と感じられる自然素材に包まれた住まいをご提案します。

自然素材で包む

PAGE TOP

Concept-3 素朴で心地よい

素朴で心地よい

現代の世の中は刺激に満ちあふれています。日々膨大な情報の波にさらされながら、さらなる新しい刺激を求めていく…、そんな生き方を余儀なくされる環境があります。しかし人間の心身はそんな「ON」の状態が続くと疲れきってしまいます。住まいは人間が「OFF」でいられ、心身の充電を行う場…、まずはそれが大切だと考えています。私の設計する住まいには「奇抜で斬新なカタチ」や「アッと驚くような刺激」はあまりないかもしれません。そのかわりシンプルで素朴なカタチを組み合わせながら、窓の位置・光の拡がり方や各部位のプロポーションを徹底的に吟味し練り上げる…、そこで目指すものは「静けさの漂う時間」や「豊かさを感じられる空間」です。それは10年・20年先にも古びることなく心地よさを持ち続ける、普遍的なデザインです。

素朴で心地よい

PAGE TOP

Concept-4 外部空間を心地よくつくる

Concept-4 外部空間を心地よくつくる

住宅は「一生で一番高い買い物」とよく言われます。その際「マンション」でなく、「戸建て住宅」を選んだ皆さんに是非お伝えしたいのは「外部空間を大切にしましょう」ということです。敷地に家を配置すると、その周りには敷地内の外部空間が残ります。ここをただの無味乾燥な外部空間とするのではなくて、緑を植え、ルーバーや壁を適宜配置し、囲われ感とプライバシーのある外部空間をつくることで、前庭・アプローチ・通り庭・中庭など様々な心地よい外部スペースが生まれます。外部空間では光があふれ、そよ風が吹き、鳥の鳴き声に癒されます。日常生活の様々なシーンで気軽に外部空間を楽しむことができる、そんな住まいをご提案します。

Concept-4 外部空間を心地よくつくる

PAGE TOP

Concept-5 見えるところを美しくして暮らすためには、見えないところの設計こそ大切に

Concept-5 見えるところを美しくして暮らすためには、見えないところの設計こそ大切に

住まいの完成度は「建物が出来上がって50%、住み始めてから残り50%」と言われます。住まいには人とモノが入ります。人が心地よく動けるプランであることはもちろん、モノが美しくおさまるプランであることも重要です。スッキリと片付いたリビングダイニングにお気に入りの小物やアートを飾り、時々刻々と変化する光のうつろいを楽しむ…、そんな豊かな生活を実現しましょう!それには雑多なモノが収まる造りつけ家具だったり、家事空間・収納空間などが機能的にプランニングされることが重要です。見えるところを美しくして暮らすために、見えないところの設計こそ大切にしたい、と考えています。

見えるところを美しくして暮らすためには、見えないところの設計こそ大切に

Information

新井アトリエ一級建築士事務所
(兼モデルハウス)
〒225-0013
神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7

新井アトリエは自然素材の家をご提案致します。住まいづくりの無料相談を随時受け付けております。

  • ACCESS
  • CONTACT

PAGE TOP