業務の流れ | 自然の素材を使った自然素材の家やデザイン住宅のご注文、ご相談は横浜市の【新井アトリエ一級建築士事務所】へ

業務の流れ

PROCESS

建築家に依頼するということ

建築家に依頼するということ

建築家(設計事務所)にお家の設計を依頼するとはどういうことでしょうか…?
「ハウスメーカーや工務店に依頼するのと比べて、なんだかハードルが高いなあ」と感じていらっしゃる方もいらっしゃるようです。
でも実際は決してそのようなことはありません。今や書店の棚に並ぶ一般の雑誌でも、建築家との家づくりは頻繁にとりあげられています。

良い家とは何なのでしょう…?
「CMでよく見るハウスメーカーの家がいい」「有名なメーカーの住宅設備が搭載された家がいい」…そうお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
でも私は、そのようなものはなくとも、「美しく、心地よく、住みやすい家」であることが大切だと思います。
では、そのような家を実現するために必要なものは何でしょうか…?それは「設計力」です。
「光や風の採り入れ方」「人の視線や動線に配慮した空間形状」「美しさと耐久性に配慮した素材の適材適所」…
そういったひとつひとつの熟慮された設計の積み重ねが、良い家を実現するのです。
建築家はその「設計力」を拠り所として活動しています。設計力向上のための研鑽は日々行っています。
また、各物件ごとに異なる敷地条件や家族構成・要望事項に対して、最適な案を模索する労を惜しみません。
設計のスペシャリストである建築家と二人三脚で行う家づくり…、そこには楽しさや感動が待っているはずです。

「建築家に依頼すると、工事費とは別に設計料がかかり、費用がかさむのでは…?」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、果たしてそうでしょうか?
誰に依頼しようとも、各物件ごとに敷地条件や家族構成・要望事項が異なる以上、必ず「設計」という行為は発生します。
案の検討、設計図の作成、諸官庁との協議や申請図面の作成など…ハウスメーカーや工務店に依頼する場合、これら設計行為の人件費・技術料は工事費の中に含まれていて見積書には表れてこないことがあるかもしれませんが、設計料がなくて済んでいるわけではありません。

建築家に依頼するということ

PAGE TOP

設計・監理業務の流れ

規模やタイミングによりますが、住宅の場合、おおよそ設計・監理業務の期間としては以下のようにお考え下さい。

設計期間:6~8カ月程度
工事期間:6~7カ月程度
合計:12~15カ月程度

設計・監理業務の流れ
1】お問い合わせ

当事務所に少しでも興味を持たれたら、まずはメール電話(090-1839-8213)でご連絡いただき、一度事務所へお越しください。

こちらでは自宅兼事務所として日々生活しているリアルな空間をご覧いただき、家と暮らしぶりを合わせて見ていただくことができます。中庭を望む気持ちよいテーブルにてコーヒーやお茶をお楽しみ下さい。
ここまで、費用は発生しません。自宅兼事務所に遊びに行くといった、気楽な気持ちでお越し下さい!

また、新井アトリエでは土地探しの段階からのアドバイスも行います。
「土地の候補が複数あるのだけれど、どちらがよいか迷っている」「気に入った土地が見つかったのだけれど、何か問題がないか心配」というような方も、どうぞ気軽にご相談下さい。

さて、新井アトリエに依頼してみようか…と思われたら、基本プランを作成するためのご要望や敷地条件、予算などの設計条件をお伺いします。

設計・監理業務の流れ
2】基本プラン検討・プレゼンテーション作成

約1~2カ月程度のお時間をいただき、基本プラン検討、平面図・ラフ模型等のプレゼンテーション作成を行います。

この費用として10万円(税抜)をお支払いいただきます。(その後契約となった場合は、設計・監理料からこの10万円は差し引きます。)

プレゼンテーションの結果、新井アトリエへの依頼を決めたら、設計・監理契約を交わします。基本プランについてはプレゼンテーション内容にこだわることなく、修正は可能です。

設計・監理業務の流れ
3】基本設計

契約の後、基本設計を開始します。建て主さんと3~4週間に一度打合せを行い、設計を進めていきます。

基本設計では住宅のプラン・立体形状・仕上・設備の設計案をまとめ、概算工事費を算出します。

設計・監理業務の流れ
4】実施設計

基本設計案をご承認いただいた後、実施設計を開始します。

実施設計ではまず、建て主さんと打合せを行いながら住宅各部の詳細スペックを決定し、施工業者に見積を依頼するための設計図(建築・設備・構造・外構含め40~60枚程度)をまとめます。

まとまった設計図をもとに施工業者に工事費の見積りを依頼します。見積りが予算をオーバーして出てきた場合は、金額をにらみながら各部のスペックの見直しや設計案のシェイプアップを図り、予算との調整を図ります。

並行して確認申請図書の作成と申請手続きを進めます。

設計・監理業務の流れ
5】現場監理

施工業者との契約が済めば、いよいよ着工です。

基本的に(遠隔地でなければ)週に一度現場に行き、工事状況の確認や施工業者との打合せを行います。建て主さんには毎回メールとブログにて進捗状況をご報告します。現場では地鎮祭・上棟式などの行事も行われます。

家が完成したら、お引渡しです。

設計・監理業務の流れ
6】アフターケア

竣工1年後には定期検査を行います。

またその他、何かございましたら随時ご連絡をください。施工業者と共に対応させていただきます。

PAGE TOP

設計・監理料について

設計・監理料については、延床面積(全ての階の床面積の合計)をベースに算出致します。

木造   9万円/坪(※1) + 確認申請図書作成料30万円
コンクリート造・鉄骨造 11万円/坪(※2) + 確認申請図書作成料50万円
リノベーション   6万円/坪  

(上記の金額に対し消費税がかかります)
(※1)小規模住宅の場合、最低金額200万円
(※2)小規模住宅の場合、最低金額240万円

(上記に含まれるもの)
・構造設計費(構造設計事務所へ支払い)

(上記に含まれないもの)
・地盤調査費(調査会社への支払い)
・確認申請・完了検査手数料(確認審査機関への支払い)
・遠隔地の場合の交通費

PAGE TOP

設計・監理料のお支払い時期

契約時 全体の15%の金額
基本設計終了時 全体の20%の金額
実施設計終了時(着工時) 全体の50%の金額
竣工時 全体の15%の金額

PAGE TOP

工事費の目安について

工事費は時期・場所・規模・仕様により異なりますが、木造住宅の場合おおむね下記をベースにお考えいただければと思います。(坪単価は容積対象床面積ベース)

建物本体(各種設備・造りつけ家具含む) 80~90万円/坪
外構・植栽 150~300万円

(上記の金額に対し消費税がかかります)

(上記工事費に含まれないもの)
上下水道加入金および引込工事費、地盤改良あるいは杭工事費用、地鎮祭・上棟式費用、置き家具・カーテン・ブラインド、引越・仮住まい費用、印紙税、登録免許税、登記費用、不動産取得税、消費税、融資手数料、ローン保証金、火災保険料など

Information

新井アトリエ一級建築士事務所
(兼モデルハウス)
〒225-0013
神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7

新井アトリエは自然素材の家をご提案致します。住まいづくりの無料相談を随時受け付けております。

  • ACCESS
  • CONTACT

PAGE TOP